賃貸選びで重要。大手と地域密着タイプの不動産屋

賃貸の仲介手数料が安いケース

賃貸の契約をする時、不動産屋の力を借りなければなりません。そして、不動産屋を通して物件が見つかって、無事に契約まで行き着いたとします。その場合、仲介手数料が発生するのです。借りたい人と貸したい人の仲介をしたという事で、不動産屋にお金を支払う必要があります。中には仲介手数量が無料だったり、半額設定としている業者も珍しくなくなりました。仲介手数料は不動産屋の利益になります。どうして無料だったり、半額になるのかと言えば、大家さんから広告料が発生しているのです。だから安くなります。

駅前の不動産屋は大手が多いです

賃貸を借りるなら不動産屋に行かなければなりません。不動産屋は駅前にある事も多いです。駅前の不動産屋に多いのは、大手チェーン等が挙げられるでしょう。豊富な資金力を持っています。そのために駅前の一等地でも店舗を開く事が出来るのです。大手チェーンは、基本的に、幅広い物件を取り扱っています。横の繋がりもありますので、広いエリアで探したい方に向いています。ただし深い情報は、地域密着タイプの不動産屋の方が持っているかもしれません。

掘り出し物は地域密着型

賃貸を借りる時、自分でも物件を探す事が出来ます。しかし契約をするとなると、法律等の知識も無ければなりません。それに物件を自分だけで探すのも限界があります。だから不動産屋をみんな利用するのです。その際に大手だけでは無く、地域密着タイプの業者にもコンタクトを取りましょう。何故かと言えば、地域情報は大手よりも小さくても昔から細々とやっている業者の方が持っている場合が多いからです。大家さんとの関係も良い場合もありますので、掘り出し物を見つけられるかもしれません。

札幌の賃貸マンションでは、利便性に大変優れた物件が揃っており、様々なエリアへのアクセスやショッピングなどにおいて便利です。

公式ブログ
更新情報