マンションの賢い買い方は将来プランと資金と物件選びで決まる!

将来のライフプランをしっかり作る

マンションを購入しようと考えている場合、できれば賢い買い方をして満足のいくマンション生活を始めたいと思うでしょう。賢い買い方はポイントが三つあるかもしれません。一つ目は、将来のライフプランをしっかり立てることでしょう。将来、家族とどのように過ごしたいか、都会に住みたいか田舎に住みたいか、子供はどんなところで育てたいか、など人生のプランを考える場合、どこでどのように過ごすかを検討することが大きな要素となるでしょう。その中心となるものが住宅といえるかもしれません。マンションを賢く購入するには、まず将来設計をしっかり立てるのがポイントでしょう。

住宅ローンを含め購入資金を調達する

マンションを賢く購入するための二つ目のポイントは購入資金の調達です。要素は二つで、頭金と住宅ローンです。頭金は、目標金額を決めて積立預金などを活用するといいでしょう。運用で増やそうとするとリスクが高すぎるかもしれません。住宅ローンについては、金融機関によって金利が違うことをよく理解した上で、面倒がらずに有利な条件の金融機関を探すと言いでしょう。場合によっては、財形の住宅融資、会社の住宅ローン、自治体の住宅ローンの利子補給制度なども活用すると、よりよい条件での資金調達ができるかもしれません。

どのマンションを買うか?物件の選び方

マンションの賢い購入を実現するの三つ目のポイントは物件の選び方でしょう。マンションのモデルルームでは、その部屋の内装に目を奪われがちですが、大切なポイントは立地かもしれません。最寄駅の利便性、最寄駅からの距離はもちろん、その地域の将来性といったものまで加味して購入候補地を選ぶことが大切になるでしょう。購入後すぐに衰退するような地域の物件を手に入れてしまうと、将来の住み換えで売却しようと思った時になかなか売却できないということになりかねません。

新築マンションの購入をお考えなら、住みたい場所、駅からの距離、現在、または将来における家族構成などを考えましょう。